データポータルのテンプレートストア「Datafolio(データフォリオ)」を紹介

目次

Datafolio(データフォリオ)とは?

DatafolioはGoogleデータポータルのプレミアムなテンプレートストアです。Datafolioのテンプレートを活用すると、あっという間に基本的なマーケティングKPIダッシュボードを作成できます。本記事ではDatafolioの概要について説明をします。

Googleデータポータルとは?

ここでダッシュボードのベースとなっているGoogleデータポータルについて簡単に触れます。GoogleデータポータルはGoogleが提供するデータ描画ツールです。Google Analytics、スプレッドシートなど様々なソースのデータを接続して意図した通りに描画できるサービスです。Googleデータポータルそのものは無料サービスで、Googleアカウントさえあれば利用可能です。

データポータルサイトはこちら

Datafolioでできること

 

DatafolioはGoogleデータポータルで使えるレポートテンプレートを提供しています。データポータルそのものは無料とはいえ、ゼロからダッシュボードを作成するためには相応の時間と専門性やKPI設計の知識が必要です。Datafolioのテンプレートを活用することでダッシュボード作成の工数を大幅に削減できます。テンプレートそのものは買い切りかつ購入後はオーナーとなって自由に編集できるのでDatafolioテンプレートをスターターにオリジナルのKPIダッシュボード作成につなげれます。

 

誰向けのサービス?

Datafolioはどんなビジネスパーソンにニーズがあるサービスなのでしょうか?Datafolioは主に以下の方にオススメのサービスです。

  • Webサービスの運営者
  • Webメディアの運営者
  • ワードプレスなどCMSツールを活用しているブログ運営者
  • 事業会社のマーケティング担当者
  • Webサイト解析の担当者

上記に当てはまるのは何かのWebサービス運営に携わっている方です。このようなWebサービス運営に必須なのがGoogle AnalyticsやGoogleサーチコンソールなどの解析ツールです。Datafolioのテンプレートでは複数の解析ツールを同じレポートで表示可能です。このため、いちいち別のサービスにログインする手間も省けます。

何に困っている時にDatafolioが役立つの?

Datafolioは前述のようなWebサービス運営者やマーケターがKPIの可視化をしたい時に役立ちます。

  • マーケティングKPIダッシュボードを作りたい時
  • マーケティングKPIそのものを作りたい時

マーケティングで確認必須なKPIはすでにDatafolioのテンプレートに組み込まれているのでマーケティングKPIダッシュボードを作る以前にKPIを決めないといけない場合においても参考になります。

Datafolioの使い方をご紹介 〜 購入編 〜 

続いてDatafolioの使い方を簡単にご紹介します。まずはDatafolioサイトにアクセスします。

Datafolioサイトでテンプレートを購入

Datafolioでは目的や連携ツールに応じたテンプレートを用意しています。

DatafolioのベースであるGoogleデータポータルはGoogleアカウントがないと利用ができません。Googleアカウントにログインのうえ利用ください。

上記のように、テンプレート詳細ページではどのような分析レポートが入手できるのか詳細説明が記載されています。

多様な決済手段で購入が可能

一般的なECサイトと同様にカートに商品を入れて購入フローに進みます。テンプレート購入に際してはクレジットカードをはじめとして多くの決済手段が利用可能です。

  • クレジットカード:VISA、JCB、アメリカン・エクスプレス、マスターカード
  • PayPal(ペイパル)
  • Google Pay
  • Apple Pay
  • Shop Pay

テンプレートを表示

購入が完了するとサンクスメールが届きます。メール内にテンプレートリンクが記載されています。ここからテンプレートの活用が可能です。

テンプレート複製アイコンをクリック

テンプレートを表示したら複製をおこないます。複製しなくてもレポート表示は可能ですが、複製するとお客様にオーナー権限が移るので複製を推奨しております。複製方法は簡単。画面上部の複製アイコンをクリックします。

データソースを連携

続いて複製後のレポートに接続するデータソースを選びます。プルダウン形式でお客様のGoogleアカウントで連携しているデータソースが表示されます。希望するデータソースをクリックして連携します。

お客様のGoogleアカウントにGoogle Analytics、Googleサーチコンソール、Google広告などが紐づいていない場合は表示できません。最初に各種必要なサービスに紐付けを行ってください。

利用開始!

前ステップのデータソース連携が済むと複製が完了します。お客様の権限で利用が可能になります。表示している画面は「編集画面」になるため、画面右上の「表示」をクリックするとレポート画面を表示できます。

おわりに

Datafolioのレポートテンプレートを入り口として、Googleデータポータルのダッシュボード作成、あるいはKPI確認のオペレーション開始のきっかけになれば幸いです。Datafolioは、買い切り価格そして1,000円未満で購入可能なレポートも用意しております。是非おためしください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
目次
閉じる