Datafolioの使い方 〜 基本操作編 〜

本記事ではDatafolio(データフォリオ)を購入したお客様向けに、データフォリオのベースであるGoogleデータポータルの基本的な操作方法を紹介します。Datafolioの紹介に関してはこちらの記事をご確認ください。

目次

基本操作その1 〜レポート画面の見方〜

最初にレポート表示について説明します。データポータルのレポート表示は直感的で、リンクをクリックするだけでレポート表示できます。基本的な画面の見方について解説します。参考までに以下にサンプルレポートリンクを記載します。

画面左側はページナビゲーション

画面左側はレポートに含まれるページ名がナビゲーション表示されています。例えば、「フルパッケージ PC版」のような1つのレポートはそれぞれ複数のページで構成されています。それぞれクリックすると対象のページを表示できます。

ページナビゲーションの位置はデフォルトは左側になっていますが、編集画面で変更可能です。

レポート画面の操作方法

続いてレポート画面の基本的な操作方法についてご紹介します。

ホバーする

レポートにカーソルを合わせるとホバー表示します。GIF画像をご参考ください。

Image from Gyazo

スクロールする

「表」にカーソルを合わせるとスクロールができます。

Image from Gyazo

並べ替えする

表やグラフの右上をクリックすると並べ替え表示が可能です

Image from Gyazo

データソースの切り替え

Google Analytics、Googleサーチコンソールなどデータソースの切り替えが可能です。接続データソースの切り替えは、画面右上のデータアイコンを操作します。閲覧者のアカウントに紐づいているデータソースが表示されますので見たいレポートを選択します。データソースの影響範囲はレポート全体となっています。

Image from Gyazo

表示期間を切り替える

レポートの表示期間は切替が可能です。右上の期間設定で期間変更が可能です。Datafolioのテンプレートでは「自動期間」と表示されているグラフに期間変更が影響します。自動期間は、初期設定はデフォルト期間として直近30日間で設定されていますが、編集画面から自動期間のデフォルト設定の変更が可能です。

フィルタリングが可能

フィルターがついているグラフ・表素材はフィルタリングが可能です。見たくないデータ項目を除外したり、特定のデータ項目のみ見るということも可能です。

Image from Gyazo

データを最新に更新する

更新アイコンをクリックするとデータは最新状態に更新されます。

基本操作その2 〜レポートの共有方法〜

続いて、レポートを他のメンバーに見せたい時の共有方法を紹介します。

他ユーザーにレポートを共有する

上部の「共有する」ボタンをクリックすると共有設定ができます。主な共有方法は以下2点です。

  1. ユーザーのメールアドレスを追加する
  2. リンクを共有する

それぞれ権限の設定も可能です。

レポートをダウンロードする

レポートはPDF形式でダウンロード可能です。上部の「レポートをダウンロード」をクリックするとダウンロードできます。対象ページを選択してダウンロードをします。

レポートをメール配信する

データポータルでは基本機能として、レポートを指定した時間や頻度でメール配信できます。対象レポートのURLをブックマークせずともメールからアクセスすることもできるので非常に便利な機能といえます。以下の項目はカスタマイズ可能です。

  • 宛先
  • 件名
  • 本文内容
  • 配信時間
  • 配信頻度
  • 対象ページ

おわりに

本記事ではDatafolioの使い方として、Googleデータポータルの基本操作に関する説明をしました。画面の見方やどのような操作ができるのかがおわかりいただけたかと思います。

DatafolioではGoogleデータポータルの様々なテンプレートを用意しています。ぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
目次
閉じる